難易について(中国語学習)

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回の課題文は、たんなる中国学習だけに終わらせてはもったいない内容だった。"難易"についてある見方を示している。

こんなことが書かれている。
人々は一般に自分に出来ないこと、知らないことを"難しい"と言い、逆によく出来ること、知っていることを"易しい"と言う。難しいことと易しいことは、ただ分かるか分からないか、出来るか出来ないかの区別であり、もとから2つのものではない。

私たちはある物事や事態に対してよく、これは"難しい"と早い時点で決めつけてしまうことがある。しかしそれは、「今自分が知らないから、今自分が出来ないから」という理由で、学ぶ努力をしようとせずあきらめている場合が多いかもしれない。

難しいことを簡単なことに変えたいなら、方法はただひとつ。すなわち絶えず学んで、やるだけである。考えてみれば当たり前のことだが、こうやってシンプルに言われると心に残るものがある。

32課: 難易について
[2010/9/13-26]
課題文
关于难与易

我们常常听人说:这件事很难,那件事很容易。有时也会有两个人对着同一件事情,一个说难,一个说容易。不但是做事情,就是学习也是一样的。

人们一般把自己不会做或者做不好的事情叫做难事,把会做或者做得好的,叫做容易事。没有人对自己知道该怎么做的事情说难,也没有人对自己不会做的事情说容易。由此,我们可以知道:难和易,只是懂不懂,会不会的区别,并不是天生的两件东西。

比如走路,我们现在觉得很容易。但是,人并不是生下来就会走路的。一两岁的幼儿学走路时,摇摇晃晃的,很不容易,可是他摔到了又爬起来,毫不泄气,渐渐地越走越稳,而且还学会了跑和跳。假如因为开始觉得难就一步也不肯走,那么他就只好躺一辈子,不要说走,恐怕连爬都不会了。

所以,要想把难事变成容易事,并没有什么秘诀,只有一个方法:就是不断地去学习,去做。只要肯学肯做,"天下无难事";不肯学不肯做,对着饭碗都不会拿筷子,更不用说做其他事了。
(聴読中国語)

復習

「一两岁的幼儿学走路时,摇摇晃晃的,很不容易,可是他摔到了又爬起来,毫不泄气,渐渐地越走越稳,而且还学会了跑和跳。」→ 1、2歳の幼い子供が歩くことを学ぶとき、ふらふらして、とても容易ではないが、しかし彼は転んで這い上がり、少しもへこたれずに、だんだん歩けば歩くほど安定してきて、その上さらには知ったり飛び跳ねたりすることも身につけるようになった。
 
  • 【摇晃】yáohuàng 揺れ動く、揺れ動かす。
  • 【摔】shuāi 転ぶ、投げ捨てる、落ちて壊れる
  • 【毫不】háo bù 少しも〜ない
  • 【泄气】xiè qì 気が抜ける、がっかりする
その他の単語
  • 【假如】jiǎrú もしも〜なら、仮に〜とすれば(≒ 如果)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sun.qee.jp/mt-apps/mt-tb.cgi/90

コメントする

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング