中国にまだチャンスはあるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年の中国の年間GDP成長率は9%台に低下。ここ7年間の最低水準。会社倒産や消費意欲が落ち込むなど、不安材料が多い中、日本人の投資意欲は?

lon-net_logo.png

龍ねっと」に興味深い調査結果が載っていました。


質問 「世界的な金融危機が叫ばれていますが中国に一攫千金のチャンスはまだあると思いますか?」に対する回答:

  • 大いにある - 13.3%
  • 以前より少ないがまだまだある - 40%
  • 多くはないが日本よりはある - 46.7%
  • 日本より少ない - 回答なし
  • ほとんどない - 回答なし

「一攫千金」のチャンスってどんな・・・と思ってしまいますが、少なくとも、中国には日本より何かのチャンスがあると考えている人は多い、というのがよくわかります。

さらに質問 「中国への投資を考えていますか?」対する回答:

  • すでに投資をしている -  回答なし
  • 様子を見てから始めたい - 46.7%
  • する気はない - 53.3%

とても面白い結果です。興味があっても、行動は慎重ということですね。以前このブログの記事で書いた「日本の翻訳会社の中国市場への関心度」でも似たような結果が出ています。

記事へのリンク: 半数以上が「中国にはまだまだチャンスがある」(龍ねっと)
関連ブログ: にほんブログ村 通訳・翻訳(英語以外)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sun.qee.jp/mt-apps/mt-tb.cgi/25

コメントする

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング