2009年1月アーカイブ

OmegaTで原文ファイル追加が終わると、次のように表示されます。これで実際に翻訳する準備が整いました。今回は、まだ翻訳メモリーがないので、単に訳文を入力して日本語ファイルの生成までやってみます。

OmegaT_trans00.png

<f0></f0>はタグを示しています。原文の「你为什么要学习汉语呢?」に太字を設定したので、その文がタグで囲まれています。

gaizhuyi.png

我が家の車にはカーナビが付いてません。近所を走るのと実家に帰るのが主な用途なので、カーナビの必要性を感じてませんでした。

ところが先日、車をぶつけられその修理中の間、レンタカー借りたのですが、最近のレンタカーはカーナビ標準装備なんですね。せっかく付いているのでちょっと試してみたところ、これが想像以上に便利。考え直しましたね。早速、カーナビ調査始めました。

2008年の中国の年間GDP成長率は9%台に低下。ここ7年間の最低水準。会社倒産や消費意欲が落ち込むなど、不安材料が多い中、日本人の投資意欲は?

lon-net_logo.png

龍ねっと」に興味深い調査結果が載っていました。


質問 「世界的な金融危機が叫ばれていますが中国に一攫千金のチャンスはまだあると思いますか?」に対する回答:

OmegaTの言語関連の設定が終わったので、今回は原文ファイルを読み込んで翻訳ができるまで準備してみます。

まず、原文ファイルのサンプルとして、OpenOffice.org Witerを使い、次のようなファイル(test01.odt)を作成しました。

OmegaT_testdoc1.png

題材: 『中国語リスニングチェック―「聞く」から「効く」へ 』(駿河台出版社)の「9 学习」

次に、何はともあれOmegaTを起動。OmegaTが立ち上がったら、メニューから「プロジェクト」「開く」を実行。プロジェクト・ファイルの選択画面が表示されるので、先に作成した空プロジェクトを選択します。

buhaoshuo.png

問題が発生したり、問い合わせがあったり、新しい仕事の話がきたり、人の話を聞いたりで、年明けは何かと忙しい日々を送っています。

これにするかあれにするか、決めなくてはいけないことがあっても、こちらを立てればあちらが立たず、なんてことは往々にしてあることです。

そんなときは、サイコロでも振って決めたくなりますね(実際には出来ませんが・・・)。

chuken_logo.png

第67回中国語検定試験の申込受付が1月15日から始まった。試験日は2008年3月22日、申込〆切は2月16日。

前回の受験は2008年3月、3級の試験。もう1年が経ってしまった。その間、C.TESTを一度受けただけで、中検への挑戦はなし。

3級合格後、すぐに2級のテキスト『中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター 』 を買ったが、急に難しくなった感じがして、しばらく放置。この1年は、中語教室の他、中国語単語帳とNHK中国語講座を聞き、もっぱら語彙と表現の増強に力を入れてきた。

その甲斐あってか、2級のテキストが以前に比べ読めるようになった。ヒアリングが不安だが、この辺で2級に挑戦しようかと考えている。


関連ブログ: にほんブログ村 中国語

OmegaTは誰でも自由に使える翻訳支援ソフトで、多くの方が実際にOmegaTを使って翻訳をやられているようです。Webページで、英語ー日本語の翻訳例が多く紹介されていて、とても参考になりました。

ここでは中国語がテーマなので、中国語ー日本語の翻訳を試してみます。

翻訳を始める前に、まず言語に関連する設定を確認。

「設定」メニューをクリックすると、いくつかの設定項目がありますが、この中で言語に関連するのは、「字体設定」と「文節化」です。

OmegaT_set0.png

qianwan.png

大晦日、実家に帰るときのことです。車で家を出てから5分くらい走ったとある交差点での出来事です。一時停止して安全を確かめ、アクセルを踏もうとしたとき、突然後ろからドーン!!

やられた・・・よりによって大晦日に何てことだ、と思いおもむろに外に。ぶつかってきた車、幸いにもスピードが出ていなかったため、衝撃は軽く、助かりました。

年末年始は、いつもと違う気分になっているんでしょうね。車の運転、注意しないといけませんね。

OmegaT_logo.png

今年初めての記事。年末年始で「のんびりムード」に慣れてしまい、3週間ぶりの投稿。そろそろ普通のペースに戻そう。

さて、今回は翻訳支援ソフトの話題。ソフトウェア・ローカリゼーション業界では、TRADOSという翻訳支援ソフトが多く利用されています。周辺ソフトや情報も充実していて、事実上の業界標準ソフトです。

だけどこのソフト、プロ向けの製品なのでそんなに安くありません。年間保守料もばかにならず、負担を感じている人も多いはず。また最近、信じられないような保守料値上げがあり、安くてよいソフトがあれば直ぐにでも乗り換えたいと考えているのは、私だけではないと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング