中国語翻訳者の採用状況

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本の翻訳会社で採用してる中国語翻訳者の調査結果によると、中国語から日本語、日本語から中国語への翻訳、いずれも中国人の翻訳者が日本人を上回っている。特筆すべきは、日本在住であっても中国人が多いことだ。英語翻訳者の状況とは様子が違う。

table081216.png
(データ出典: 『通訳・翻訳ジャーナル』2008夏号)

翻訳料金については、データがないのではっきりしたことは言えないが、同じ国に住んでいればおそらく、日本人でも中国人でも大きな差はないと思われる。仮に中国人翻訳者の方が安いとしても、品質に問題があれば採用されることは少ないはずだ。

このような状況には、次のような理由が考えられる。

  • 日本人翻訳者より中国人翻訳の人数が多い
  • 優秀な中国人翻訳者が多い
  • 優秀な日本人翻訳者が少ない

近年のビジネス面における日本への関心の高まりにより、中国での日本語翻訳の需要が増加しているのではないだろうか。それと翻訳教育の充実が相まっ て、優秀な中国人翻訳者が多くなっていると考えられる。さらに、場合によっては中国の翻訳会社より日本の会社の方が、高い対価を支払っている可能性もあ り、この状況の理由のひとつと考えられる。

いずれにせよ、このような状況が長く続くことは日本人翻訳者の地位の低下につながり、日本の翻訳業界としてみれば決して好ましく状況ではない。中国とのビジネスは一時的な停滞があったとしても、長い目で見ればこの先も発展するはずだ。何とか状況を打破したいものだ。


関連ブログ: にほんブログ村 通訳・翻訳(英語以外)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sun.qee.jp/mt-apps/mt-tb.cgi/17

コメントする

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング