2008年12月アーカイブ

jinliang.png

雇用環境が悪化している中、これをチャンスと捉え積極的に採用を進めている企業あり、また、臨時に職員採用をしている地方自治体もあるようで、何か心に灯りがともる思いがしました。

どんなときでも、あきらめずに自分のもっている力を出し切ること。望みを持ち、努力し続けること。大切にしたいと思います。

日本の翻訳会社で採用してる中国語翻訳者の調査結果によると、中国語から日本語、日本語から中国語への翻訳、いずれも中国人の翻訳者が日本人を上回っている。特筆すべきは、日本在住であっても中国人が多いことだ。英語翻訳者の状況とは様子が違う。

table081216.png
(データ出典: 『通訳・翻訳ジャーナル』2008夏号)

zhenqiao.png毎週土曜日、中国語教室に行ってます。バスで5分、歩いたら20分くらいの所にあります。いつもは歩いて行きますが、今日は出遅れたのでバスに乗りました。

家からバス停までは近いのですが、ここのバス、時刻表どおりに来ることが滅多にないです。そんなわけなので、当てにせず出ていったら、なんとちょうど時間通り、いいタイミングでバスがやって来ました。ラッキー!

日本の翻訳会社は中国語翻訳にどのような関心をもっているのか?通訳・翻訳ジャーナルによるアンケート調査では、以下のような結果が出ている。

table081207.png
(データ出典: 『通訳・翻訳ジャーナル』2008夏号
chabuduo.png

普段の会話で「だいたい○○○くらいかな〜」とか「どっちも大差ないと思う」など、曖昧な表現をよく使います。

この言い方、なかったらとても不便です。いつもどんなことでも、厳密に話さなくてはならない。息が詰まってしまいます。

google_yahoo.png

日本での中国語翻訳サービス - 翻訳会社を検索(その1)」で指定した検索キーワード"翻訳会社"を、より一般性の高いキーワード"翻訳サービス"に変更して再度検索を行った。

キーワード以外の条件は、前回と同じである。

  • 検索対象:日本語ページ
  • 検索キーワード:"中国語" "翻訳サービス"
  • 検索件数:Google、Yahooそれぞれの検索結果の上位50件(合計100件)
guaibude.png

仕事、日常生活を問わず、物事の進め方は人それぞれの考えや方法があり、実に面白いものです。

自分なら「そういうやり方しないな」と思うことも、その人に話を聞くと、考えも寄らないわけがあり、感心させられることがよくあります。

何事も一人の考えだけでなく、他の人の意見を聞くことが肝心です。特に、様々な経験をしている諸氏の話には、納得させられることが多いと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング