中国の世界人口に占める割合はどのくらい?

| コメント(0) | トラックバック(0)
flag_china.png

中国は世界一人口の多い国ですが、いったい世界人口のどの程度を占めているのでしょうか?

中国国家統計局の発表によると、2007年の中国の人口は世界総人口の20.1%と、やはり多い。だが、1980年には22.2%だっという。現在、中国の人口増加率は世界平均の約半分程度しかないとのこと。

1979年に始まった計画出産政策(一人っ子政策)により、出生人口は4億人余り減少、世界の人口増加を4年分遅らせたという。

ただし、向こう5年で出生率が急上昇するとみられていて、2033年までには総人口が15億人に達する見通しとの報道(ロイター)もある。

一人っ子政策により生産人口が減少し高齢化率が増加する一方で、総人口も増加し続けている。都市部への人口集中、エネルギー問題、食料問題など、・・・とにかく規模が大きい(地球上の20%!)問題だ。


関連ブログ: にほんブログ村 通訳・翻訳(英語以外)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sun.qee.jp/mt-apps/mt-tb.cgi/11

コメントする

にほんブログ村

にほんブログ村に登録しています。カテゴリー名をクリックすると関連ブログが参照できます。

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

まいにち中国語

サーチナコラム

Powered by RSSリスティング
 

翻訳業界情報

Powered by RSSリスティング